世界景気、強まる回復の足取り 「次の危機に備えよ」と警戒の声も

次の写真へ
ロックフェラーセンタービル=11日、ニューヨーク(AP)

ロックフェラーセンタービル=11日、ニューヨーク(AP)

 【ワシントン=塩原永久】世界的な景気回復の足取りが強まってきた。国際通貨基金(IMF)によると、2017年は約75%の国が経済を拡大させ、世界全体の成長率は3・6%に達する見通し。低迷が続いた貿易や投資に明るい兆しがみられ、成長の勢いは18年も続くとみられている。12日開幕の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議などの舞台となる米ワシントンには楽観論も広がるが、一方では「次の危機に備えよ」と警戒する声もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ