平和賞 「北情勢が背景」「核軍縮、強める狙い」などが背景と分析 欧米メディア

6日、スイス・ジュネーブで記者会見するICANのフィン事務局長(AP)

6日、スイス・ジュネーブで記者会見するICANのフィン事務局長(AP)

 ノーベル平和賞に国際非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が決まったことを受け、ロイター通信は6日、北朝鮮の情勢や、今後の見通しが不安定なイランと欧米など6カ国が結んだ核合意が授賞の背景にあると指摘した上で、「核軍縮の取り組みを補強する狙いがある」と論評した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ