「習政権がコロナ隠蔽」中国複数メディアが報道! 共産党独裁体制は世界を裏切ったのか…事実なら国際社会から断罪必至

 中国の複数メディアが、新型コロナウイルスの発生初期に、中国当局による情報隠蔽を告発するスクープ記事を掲載した。発生地の湖北省武漢市当局が「原因不明の肺炎」の発生を公表した昨年末より前に、武漢の病院から検体の提供を受けた民間機関が「SARS(重症急性呼吸器症候群)に似た新型コロナウイルス」を検出したが、中国政府が公表しないよう通知を出したというのだ。共産党独裁体制は、世界を裏切ったのか。

 中国誌「財新」(電子版)によると、広東省広州の遺伝子研究機関が12月下旬に、武漢の患者から採取した検体の遺伝子情報を解析したところ、SARSに似たウイルスを検出し、政府系機関の中国医学科学院にデータを提供。他の複数の民間・公的機関も1月2日ごろまでに解析を終えた。

 しかし、中国政府は同3日、検体を調査した各機関に、すぐに廃棄するか指定機関に送るよう通知した。検査結果は「特殊な公共資源」だとして独自公表を禁止した。当局は9日になり「専門家チームが新型コロナウイルスを7日夜までに検出した」と発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ