米南部でハリケーン 6人死亡

 【ニューヨーク=上塚真由】米CNNテレビは11日、南部フロリダ州に10日に上陸したハリケーン「マイケル」の影響で、フロリダ州やノースカロライナ州などで6人が死亡したと報じた。マイケルは、11日に勢力が弱まり熱帯低気圧に変わったが、大雨と強風への警戒が続いている。

 マイケルは10日午後、フロリダ州北西部に上陸。米メディアによると、同地域を直撃したハリケーンとしては過去最大規模で、州内や近隣州で住宅倒壊や洪水被害が発生した。マイケルは11日午後5時(日本時間12日午前6時)時点で、ノースカロライナ州を北東に進んでいる。停電は同州だけで約47万戸におよび、市民生活に大きな影響が出ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ