韓国公共放送 旭日旗と竹島を合成し「日本軍侵攻」を捏造

 日本の公共放送であるNHKが、写真を改ざんして歴史的資料として紹介するなどということはありえないだろう。ところが、韓国では、日本を批判するためなら写真や映像を捏造してもかまわないと考えられているようだ。

 KBS(韓国の公共放送)が2015年1月に放映した、第二次大戦後の竹島の歴史を紹介する教養番組の予告編で使った写真がある。そこには「独島を奪おうとした日本に~」の字幕とともに、赤く着色された旭日旗を掲げ竹島を目指す日本軍らしき一団が見える。

 しかしこれは、1944年6月のノルマンディー上陸作戦時の写真に、日本軍兵士と旭日旗や日の丸を、船が向かう先に竹島を合成したものだった。

 同じKBSの番組予告編で使われた写真。やはり旭日旗を掲げて竹島を目指す日本軍らしき一団が見える。これは、1939年のノモンハン事件で「渡河作戦を実行中の日本軍」とされる写真が使われたことが判明した。日の丸を旭日旗に改竄し、竹島を合成している。

 ※SAPIO2018年3・4月号

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ