「順風満帆はあり得ない」王毅外相 米朝対話に警鐘、中国参加の枠組み狙う

 【北京=藤本欣也】中国の王毅外相は8日の記者会見で、米国に北朝鮮との対話を受け入れるよう要求する一方、「順風満帆はあり得ない」と述べ、韓国・北朝鮮主導で進む緊張緩和の行方を楽観していないとの立場を示した。米朝対話が始まったとしても難航必至との情勢認識の下、中国も参加した対話の枠組み形成を狙っているとみられる。

 「南北関係の氷が急速にとけて、久しぶりに暖流が注ぎ込まれている」

 王氏はこんな表現で一連の緊張緩和ムードに言及し、「朝鮮半島問題は正しい解決に向けて重要な一歩を踏み出した」と述べた。

 北朝鮮の核問題の「対話による解決」を主張してきた習近平政権は、米韓が合同軍事演習を中断すると同時に、北朝鮮も核開発を一時的に停止する「双暫停」を提案している。

 平昌五輪を契機に、中国が求めていた通りの状況になっており、王氏は中国側の提案が「正しい処方箋だった」と自賛した。

 中国としては「双暫停」を継続させ、米朝対話に向けた環境整備を図るのが当面の政策だ。米国に対し北朝鮮との対話の受け入れや米韓合同軍事演習の自制を促すことになる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ