「非核化は先代の遺訓」は北朝鮮のだましの常套句

 「非核化目標は先代の遺訓だ」。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が韓国特使団との会談でこう発言したことから、文在寅(ムン・ジェイン)政権は、米朝対話も可能だと判断した。発言の真意はどこにあり、果たして核・ミサイル開発の放棄につながる可能性はあるのか。

 特使団を率い、金委員長と5日に会談した鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長は「特に注目すべきこと」として「非核化の遺訓」発言を挙げ、金委員長が「遺訓に変わりがないことを明らかにした」と韓国帰還後の記者会見で強調した。

 文政権は、トランプ政権が対話の前提としてきた「朝鮮半島非核化の意思を明確にした」とみなし、南北首脳会談の環境が整ったとして合意に踏み切った。韓国側には画期的な“譲歩”だと映ったのだ。

 同じ言葉は金正日(ジョンイル)総書記も口にしている。2005年に訪朝した当時の鄭東泳(ドンヨン)統一相に「朝鮮半島の非核化は先代の遺訓であり、依然、有効だ」と述べた。それにもかかわらず、翌年には初の核実験を強行した。

 先代の金日成(イルソン)主席は1986年、平壌での国際会議で、全世界の非核化を求める声明を発表し、北朝鮮は「核兵器の実験・製造・備蓄・導入をしない」と宣言した。91年には、在韓米軍の戦術核兵器が撤去され、南北は「朝鮮半島の非核化に関する共同宣言」に合意した。その後も金主席は「われわれには核兵器を造る意思も能力もない」と何度も表明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ