南シナ海は「中国の神聖な領土」「武装し主権示す」 中国軍幹部が正当化

 中国人民解放軍シンクタンク、軍事科学院の何雷副院長(中将)は8日、中国が軍事拠点化を進める南シナ海について「中国の神聖な領土であり、武装し主権を示す必要がある」として、拠点化は正当だと訴えた。開催中の全国人民代表大会(全人代)に合わせて一部記者団の取材に応じた。

 何氏は「南シナ海に沿岸防衛部隊を配置するのは主権の象徴だ」と強調し、米国などの干渉を許さない姿勢を示した。

 中国の国防費拡大により、米国との軍拡競争が加速するとの懸念については「米国と競争する考えは一切ない」と述べた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ