「非難に値する」 日本人技師・八田與一像損壊 元台北市議に懲役5月

 【台北=田中靖人】台湾南部・台南市の烏山頭ダムで昨年4月、日本人技師、八田與一の銅像が損壊された事件で、台南地方法院(地裁)は8日までに、器物損壊罪で元台北市議の男に懲役5月の有罪判決を下した。中央通信社が同日、報じた。

 判決は1月23日付で、共犯の女は同4月。判決は、八田像を「歴史的価値のある物品」とし、損壊の様子をネットで公開するなどした男らの行為は「非難に値する」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ