よりによって五輪中にダウンとは…韓国の気象衛星故障し、日本の衛星に「ヘルプ!」

強風で中止となったスノーボード女子スロープスタイル予選の会場=11日、韓国・平昌(共同)

強風で中止となったスノーボード女子スロープスタイル予選の会場=11日、韓国・平昌(共同)

 韓国の天気予報に利用されてきた衛星が11日から2日間、故障のため作動していないことが明らかになった。夜間に強風が吹き荒れるなど悪天候に見舞われる平昌五輪が今後、佳境へと向かう中での異常事態。韓国当局は皮肉にも、「五輪のライバル国」と見なす日本側の衛星映像を活用せざるを得ない状況だ。

 韓国紙、東亜日報(電子版)によると、故障したのは静止軌道衛星「千里眼1号」。同日午前5時44分に突然、主力コンピューターがダウンし、現時点で作動していないという。

 故障で1日以上も衛星映像を受信できないのは2010年の打ち上げ以来、初めてという。

 韓国航空宇宙研究所は補助コンピューターを使って原因を解析中。ある専門家は電子機器部分が長期間、宇宙の放射線にさらされたことによる「エラー」との見方を示しているという。千里眼1号の寿命は7~8年。ほぼ使命を終えた時期でもある。

次ページ五輪関係者にとどまらず、ソウルなど各地からの…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ