2月8日を軍創建日に 北朝鮮、4月25日から変更 平昌五輪の開幕前日

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会政治局は2月8日を「朝鮮人民軍創建日(2・8節)」とし、これまでの記念日だった4月25日を「朝鮮人民革命軍創建日」とすることに関する決定書(22日付)を発表した。朝鮮中央通信など北朝鮮メディアが23日伝えた。

 北朝鮮では1948年に正規軍として「朝鮮人民軍」が創設され、本来は2月8日を軍創建記念日として祝っていた。しかし、78年以降、軍創建記念日は、金日成主席が32年に満州で「朝鮮人民革命軍」(抗日遊撃隊)を組織した日という4月25日に変更された。

 40年ぶりに記念日は元に戻る。決定書では、毎年2月8日に合わせ多彩な行事を行い、内閣などが実務的措置を講じるとしている。

 聯合ニュースは韓国政府筋の話として、2月8日に合わせ、北朝鮮が軍事パレードを行う兆候があると報じた。平壌の美林飛行場には約1万3千人の兵力と約200台の車両・装備が動員され、閲兵式の練習の様子が確認されたという。韓国軍当局者は「軍創設70年を記念した軍事パレードの予行演習」と分析している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ