1年間に売れた韓国車1台!?…日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国の素顔

 南アジアと中東をつなぐ要衝に位置するパキスタン。国の歴史は70年ながら、かつてはインダス文明が栄えた歴史ある土地だ。中国が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の最前線である一方、日本車が圧倒的シェアを占める親日国でもある。一方で米国からは「テロリストの避難所」と名指しで糾弾もされている。多様な表情を見せる国の現状を探った。(ニューデリー支局 森浩)

 パキスタンの綿花が支えた日本の高度経済成長

 「日本という言葉は、そのまま高品質を意味する」

 2017年12月初旬にパキスタンを訪れた際、各地で異口同音にこうした言葉を聞いた。

 パキスタンは1947年に英領インドから東西パキスタンとして独立。その後東パキスタンがバングラデシュとして分離したが、冷戦時代から西側諸国と比較的友好な関係を維持している。

 日本との交流の歴史も長い。英領時代の1918年に日本綿花(現双日)が南東部カラチに進出しており、パキスタンが成立した49年には日本に対していち早く綿花の輸出を解禁した。パキスタンからの綿供給に支えられた日本の紡績産業が、高度経済成長の原動力となった側面もある。

次ページ「そして、この国に何台外国産の車があるのか数えてみてほしい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ