フィリピンで台風猛威、死者100人以上に クリスマス休暇直撃「不運だった」

 【シンガポール=吉村英輝】ロイター通信によると、フィリピン当局は23日、南部ミンダナオ島などを襲った台風27号による地滑りや洪水により、100人以上が死亡し、数十人が行方不明になっていると明らかにした。被害拡大の恐れがあるとして、救出作業を急いでいる。

 ロケ大統領報道官は、クリスマスに向けた大型休暇を直撃した台風被害について「とても不運だった」とし、被災地に食料支援などを行っているとした。

 台風27号は22日にミンダナオ地方に上陸し、勢力を弱めて同日、熱帯低気圧に変わりながら西方に移動。被害の多くは同島西部で起き、多くのフェリーや航空便が欠航した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ