ドゥテルテ比大統領、南シナ海問題で中国牽制

 【ダナン=田中靖人】フィリピンのドゥテルテ大統領は11日、ベトナム中部ダナンで開かれたAPEC首脳会議で、南シナ海の領有権問題に関して「東南アジア諸国連合(ASEAN)を代表し、とくに航行の自由に関して中国の見解を明らかにしてほしい」と述べた。ロケ大統領報道官が産経新聞の取材に答えた。

 フィリピンはASEANの今年の議長国。中国がスプラトリー(中国名・南沙)諸島で人工島を造成し、国連海洋法条約で設定できない領海を主張していることなどを牽(けん)制(せい)したとみられる。

 ドゥテルテ氏は一方で、「フィリピンは中国との友好関係の維持を願っている」とも主張。「いかなる国とも戦争になることを望まず、主要国の紛争で(いずれにも)加担しない」と述べ、「航行の自由」作戦を行う米国とも距離を置く姿勢を強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ