中国、海洋進出で「北朝鮮を利用」 国際政治学者の藤井厳喜氏ら講演で警鐘

 国際情勢や日本の安全保障問題を研究する民間活動団体「東シナ海問題を考える会」は11日、東京都内で緊急集会を開き、国際政治学者の藤井厳喜氏(65)らが約300人を前に講演した。

 藤井氏は中国の海洋進出を念頭に「米中の戦いは避けて通ることはできない」と言明。北朝鮮による核開発やミサイル発射以上に「中国の脅威に目覚めてほしい」と警鐘を鳴らした。

 その上で、「中国共産党の戦略は北朝鮮問題を前面に立てて米国を北朝鮮という石につまずかせる」ことと指摘。「(米国が)北朝鮮問題にいつまでもこだわっていたら、軍事、経済的圧力は中国にかかってこない」と強調し、トランプ米政権が北朝鮮対応について「本当の問題は北京にある」と認識している、との見方を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ