韓国の元国防相を逮捕 李明博政権時の世論工作疑惑

 【ソウル=名村隆寛】韓国の検察は11日、李明博(イミョンバク)政権(2008~13年)で起きた軍部隊による世論工作事件に関与したとして、当時の国防相で前国家安保室長の金寛鎮(キムグァンジン)容疑者(68)を、軍刑法違反(政治への関与)などの疑いで逮捕した。

 聯合ニュースなどによると、金容疑者は10~12年、当時の李政権への支持を上げ、左派系野党の評価を落とす世論工作をするよう、対北朝鮮サイバー戦を担当していた軍のサイバー司令部に指示した疑いがもたれている。また、司令部の要員選びにからむ職権乱用の疑いもある。

 金容疑者は調べに対し、北朝鮮の対南(韓国)政治工作に対する通常の作戦だったとし、容疑を否認している。一方で、世論工作に李明博元大統領からの指示があったと供述したとも報じられており、捜査が李氏に及ぶ可能性がある。

 陸軍出身の金容疑者は、10年から李政権の国防相を務め、朴槿恵(パククネ)前政権でも国防相や大統領府国家安保室長を務めた。

 文在寅(ムンジェイン)政権は「積弊清算」として、李、朴の両保守政権時代の不正追及を進めている。聯合によれば、検察は朴政権で駐日大使や国家情報院長を務めた李丙●(=王へんに其)(イヒョンギ)氏を13日に出頭させ、取り調べるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ