NAFTA再交渉が影響との見方 カナダのTPP首脳宣言「反対」で加メディア

 【ワシントン=塩原永久】閣僚級で大筋合意したものの、首脳宣言を見送りした環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、カナダのメディアは10日、同国が反対した背景として、トランプ米政権との北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉が影響している可能性があるとの見方を伝えている。

 米国はNAFTA再交渉で、カナダやメキシコに対し、自動車をはじめとする分野で厳しい要求を突きつけ、交渉が停滞している。

 カナダ民放局CTV(電子版)は、カナダの元通商関係者や専門家の話をもとに、トルドー首相が反対したのは「TPPで安易に妥結すれば、NAFTA再交渉でカナダの立場を弱める」との計算が働いたためだとの見解を紹介した。

 NAFTA再交渉で米国は、米離脱前のTPPで合意した内容を念頭に、メキシコやカナダとの協議に臨んでいる。グローブ・アンド・メール紙(電子版)は10日、同国閣僚が「自動車分野にかかわる通商ルールの変更は後に決められる」と示唆したと報じている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ