トランプ氏、TPPとの決別を改めて鮮明に インド太平洋諸国に“門戸開放”迫る

 【北京=黒瀬悦成】トランプ米大統領は10日、ベトナム中部ダナンで開かれているアジア太平洋経済協力会議(APEC)の関連会合で演説した。トランプ氏は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を念頭に、「自らを縛る(多国間の)合意の枠組みには入らない」と述べ、TPPとの決別姿勢を改めて鮮明にし、「相互信頼と互恵に基づく2国間の貿易を推進する」と表明した。

 トランプ氏は、米国がインド太平洋地域の「友邦、パートナー、同盟国」であり続けると強調する一方、「米国が市場を開放しているのに貿易相手国は市場を開放しようとしない。こんなでたらめな貿易が慢性化しているのは許されない」と厳しく批判した。

 また、自由貿易の促進を狙いとした国際的枠組みである世界貿易機関(WTO)に関しても「米国は公平に扱われていない」と断じ、「公平な市場へのアクセスなしに自由な市場は成立しない」と訴えた。

 トランプ氏はその上で、今後は「自由で平等な貿易政策」を進める貿易分野での「新パートナーシップ」を提唱し、インド太平洋地域の諸国に“開国”を迫る姿勢を打ち出した。

 さらに、政権が提唱する「米国第一」の立場に基づく貿易の推進を改めて表明し、関係国に対しても「自国の利益第一」の立場の下で「双方にとって有益」な合意を図るよう要請。米国として域内のいかなる国とも「2国間の貿易合意を結ぶ用意がある」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ