北朝鮮情勢 正男氏殺害「明白なテロ」再指定巡り米補佐官

 マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は2日、今年2月にマレーシアで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件は「明らかにテロ行為に該当する」と非難し、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するか近く方針を表明する見通しを示した。

 トランプ大統領のアジア歴訪を前にホワイトハウスで記者会見した。テロ支援国家に指定されれば金融制裁などの対象となる。米政府は既に核・ミサイル開発に絡む制裁を実施しており実質的な効果は小さいとみられるが、再指定されれば北朝鮮側の反発は必至だ。

 トランプ政権は正男氏殺害時に猛毒の神経剤VXが使用されたことを深刻視しており、マクマスター氏は再指定の可能性について「全体状況を見て検討している」と述べる一方、「神経剤を使い、公共の場で兄を殺害した手法」はテロ行為だと非難した。

 また北朝鮮の核・ミサイル開発は「全世界への脅威だ」と非難。「残された時間は多くない」として、北朝鮮に核放棄を迫るためトランプ氏がアジア歴訪で「より多くの貢献」を各国に求める考えだと話した。

 北朝鮮は大韓航空機爆破事件の翌1988年にテロ支援国家に指定されたが、核問題を巡る6カ国協議議長国の中国に核計画申告書を提出したことを受け、ブッシュ(子)政権が2008年10月に解除した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ