ノーベル賞 経済学賞に米シカゴ大のリチャード・セイラー教授 行動経済学に貢献

 【ロンドン=岡部伸】スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2017年のノーベル経済学賞に経済学に心理学を応用した意思決定の分析を行う行動経済学に貢献した米シカゴ大のリチャード・セイラー教授(72)に授与すると発表した。

 セイラー氏は行動経済学の権威で、消費などの経済行動がどのように決まるのか、心理学と経済学の両面から分析。人々に必要な情報を提供すれば経済行動をより合理的な方向に変えられるという理論を提唱し、欧米の公共政策に大きな影響を与えた。

 アカデミーは授賞理由について、「人間の特性が合理的市場にどのように影響するかを示した。経済と個人の意思決定という心理的分析の架け橋を築き、経済をより人間的なものにした」と述べた。

 セイラー氏は米国生まれ。2002年にノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン氏らとともに協働して行動科学の研究を進め、一般向けに『準合理的経済学』と『セイラー教授の行動経済学入門』『行動経済学の逆襲』などの著書を執筆している。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計900万スウェーデンクローナ(約1億2500万円)が贈られる。

 ノーベル経済学賞は、経済学分野で優れた業績を挙げた人物に授与される賞で、正式名称は「アルフレド・ノーベル記念経済学スウェーデン銀行賞」。スウェーデンの中央銀行が1969年に始めた。ノーベルの遺言に基づく物理学や化学、文学などの五つの賞とは成り立ちが異なる。選考はスウェーデンの王立科学アカデミーが行っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ