ICANの平和賞受賞、国連総長も祝福 「熱心な訴えに評価」

 ノーベル平和賞受賞が決まった核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)について、国連のグテレス事務総長は6日、報道官を通じて祝福する声明を発表した。

 報道官は「(ICANなどの)市民社会が、核兵器を再び使えば人類と環境にどんな結果がもたらされるかを訴え、熱心に努力したことが評価された」と指摘した。

 グテレス氏は、核兵器の脅威を終わらせるため、私たちはできること全てを急いでやらなければならないと強調した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ