ノーベル平和賞 独政府「支持」も 核の抑止力は必要

 【ベルリン=宮下日出男】ドイツ政府の副報道官は6日、国際非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授与について「核兵器のない世界との目標を支持する」と祝意を示す一方、「核兵器を軍事手段とみなす国がある」とし、その脅威を受ける限り、核の抑止力は必要との認識も示した。DPA通信が伝えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ