「トランプ政権は歴代で最も科学軽視」温暖化データも抹消?

 【複眼ジャーナル@NYC】

 ニューヨークの市立中学校「B」は、ダウンタウン地区を代表する名門校である。そこで理科の先生として教鞭をとるジェニーさん(仮名)は、夏休み明けの中学生たちに、ある課題を与えた。

 「地球温暖化防止の枠組み『パリ協定』からの離脱を翻意するよう、ホワイトハウスのトランプ米大統領に手紙を書こう」というプロジェクトである。説得の題材は、米南部テキサス州で襲った大型ハリケーン「ハービー」と同フロリダ半島を直撃した「イルマ」だ。

 記録的な降雨量をもたらすハリケーンが連続で襲来するのは、数百年に1回の「異常気象」。海面温度が上昇して大気中の湿度が高まる地球温暖化の影響を受けた可能性を(WMO)の専門家チームが指摘している。

 人類が温暖化の原因をつくったのは科学的に証明されている。温暖化が異常気象をもたらす因果関係もである。「科学をもっと尊重してもらいたい」という願いが、ジェニーさんが子供たちに与えた課題に込められている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ