ノーベル賞 「傑出した小説家」米紙書評が称賛 作品ごとに新たな作風

 英作家のカズオ・イシグロ氏は米国でも、作品ごとに新たな作風を生み出す玄人好みの作家として、根強いファンが多い。

 質の高い書評で知られる米紙ニューヨーク・タイムズは、2015年に発表された「忘れられた巨人」の書評の中で、イシグロ氏を「傑出した小説家だ」と紹介。正確な表現手法や、登場人物の緻密な設定を称賛している。評者は、「彼は同じ小説、いや、同じタイプの小説すら二度と書かない」と述べ、新たな世界の創造に挑む作家の特徴を指摘している。

 イシグロ氏に焦点をあてた文学論の書籍が、文学専攻の米大学教授によって出版されたこともある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ