ラスベガス銃乱射 米大統領に各国首脳が哀悼

 【ワシントン=加納宏幸】トランプ米大統領は2日、米西部ラスベガスで1日深夜に起きた銃乱射事件を受け、各国首脳から哀悼の言葉を伝えられた。

 ホワイトハウスによると、トランプ氏は英国のメイ首相と電話会談。メイ氏が乱射事件への哀悼の意を表したのに対し、トランプ氏は謝意を伝え、事件に最初に対処した警察などの素早い対応をたたえた。

 カナダのトルドー首相との電話会談ではカナダ西部アルバータ州の州都エドモントンで週末に発生したテロとみられる事件を踏まえ、互いに捜査協力することを確認。訪米中のタイのプラユット首相も2日のトランプ氏との首脳会談で「米国民に連帯の気持ちを伝えたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ