金正男氏殺害 女2被告、無罪主張か 初公判、マレーシア

 【シャーアラム=吉村英輝】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、実行犯として殺人罪で起訴された女2人の初公判が2日、首都クアラルンプール近郊のシャーアラム高裁で開かれた。罪状認否などが行われ、弁護団によると、2人は「殺意はなかった」として無罪を主張する見通しだ。

 起訴されたのはベトナム国籍のドアン・ティ・フオン被告(29)と、インドネシア国籍のシティ・アイシャ被告(25)。起訴状などによると、両被告は、今年2月13日午前9時ごろ、北朝鮮国籍の男4人と共謀、クアラルンプール国際空港の出発ロビーで正男氏を殺害したとされる。

 両被告は2日朝、何台ものパトカーに護送されて裁判所に入り、防弾チョッキを身につけ、集まった報道陣から顔を隠すようにうつむき、神妙な面持ちで法廷に向かった。

 マレーシアの法律では、計画的犯行による殺人罪で有罪となれば死刑が言い渡される。重大事件のため、高裁へ審理を移す手続きが、これまで地裁などで行われてきた。遺体からは、猛毒の神経剤VXが検出された。だが、両被告はこれまでの調べで、「いたずら動画に出演すると思っていた」などと殺意を一貫して否認してきた。

 検察は11月末まで、証人喚問などを行う予定。事件は北朝鮮の国家的関与が疑われているが、2被告に指示したとされる北朝鮮国籍の男4人は事件直後に母国に逃げたとみられ、真相解明は困難となっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ