北ミサイル ICBM能力獲得「近い」 ダンフォード米統合参謀本部議長

 米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は26日、上院軍事委員会の公聴会で、米本土に到達する核搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の運用能力を北朝鮮が獲得する日は「近い」との認識を示した。

 ダンフォード氏は「北朝鮮が能力を獲得するまでの時間は非常に短いという前提で、われわれは行動しなければならない」と語った。北朝鮮のミサイル技術がイランに流入していることを確認しているとも指摘した。

 米本土に到達する核搭載ICBMの開発を巡っては、ハイテン戦略軍司令官も「時間の問題」だと語るなど、北朝鮮の急速な技術進展に危機感を示す米軍高官の発言が相次いでいる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ