韓国政府の主導で慰安婦追悼碑を設置へ 中部天安で来年6月除幕

 【ソウル=名村隆寛】韓国女性家族省は25日、中部の忠清南道天安市にある国立墓地「望郷の丘」に、慰安婦の追悼碑を設置する計画を発表した。年内に完成させ、来年6月6日の「顕忠日」(朝鮮戦争での戦死者など国家に貢献した人々を追悼する記念日)に除幕式を行うという。

 韓国政府が主導する慰安婦追悼碑の設置は初めて。同省によると、望郷の丘には現在43人の元慰安婦被害者の墓がある。追悼碑周辺に、他の場所にある元慰安婦の墓を移すことも支援する方針という。

 韓国の文在寅政権は、慰安婦問題に関連し、記念日の制定のほか、歴史館や研究所の建設などを進める姿勢を示している。

 「望郷の丘」には、朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が建てた謝罪碑がある。この碑を無断で書き換えたとして、韓国検察は今月、元自衛官の奥茂治氏(69)を在宅起訴した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ