北ミサイル 米副大統領、中国外相と会談 圧力強化の意向伝える

 【ニューヨーク=黒瀬悦成】ペンス米副大統領は20日、ニューヨークで中国の王毅外相と会談した。ペンス氏は北朝鮮問題に関し、核・弾道ミサイル開発を放棄しようとせず、挑発行為を繰り返す北朝鮮の姿勢を変えさせるため、圧力をかける決意を王氏に伝えた。

 両者はまた、国連安全保障理事会で採択された北朝鮮制裁決議を厳格に履行していくことの重要性と、北朝鮮の敵対的な行動に対しては追加的措置をとっていくことを確認した。

 両者はさらに、米中が貿易と投資に関し、公平な競争の場を作っていく必要性に関しても話し合った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ