北ミサイル EU「常軌を逸する挑発」と非難

 【ベルリン=宮下日出男】欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表は15日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に対し、「常軌を逸した新たな挑発」と非難するとともに、「EUは日本と韓国、地域の人々とに連帯している」とする声明を発表した。

 EUは北朝鮮に対し、国連安全保障理事会決議に基づく制裁以外の独自制裁の強化も目指しており、声明は「今回の発射を受け、作業を加速させる」とした。

 ドイツの政府報道官も15日の記者会見で、弾道ミサイル発射について「政府は最も強い表現で非難する」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ