北発射の弾道ミサイルは「中距離」 米軍の初期分析

 【ワシントン=黒瀬悦成】米太平洋軍は14日、北朝鮮が発射した弾道ミサイルについて「初期段階での分析では中距離弾道ミサイルとみられる」との見方を明らかにした。北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は、ミサイルは北米地域に脅威を及ぼさなかったと結論づけた。太平洋軍も、ミサイルは米領グアムへの脅威とはならなかったとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ