北朝鮮発射のミサイル 高度200キロ高く、飛距離も800キロ伸びる 新たな弾道ミサイルの可能性も

北朝鮮のミサイル発射を受け、記者会見する菅官房長官=15日午前7時33分、首相官邸

北朝鮮のミサイル発射を受け、記者会見する菅官房長官=15日午前7時33分、首相官邸

 菅官房長官は、日本の領域で落下物は確認されておらず、航空機や船舶への被害情報はないと明らかにした上で、「北朝鮮の度を超した挑発行動。最も強い言葉で非難する」と述べた。ミサイルに対する破壊措置はとられなかった。政府は15日、国家安全保障会議(NSC)を開催した。

 韓国大統領府は国家安全保障会議を開催。韓国軍は15日、弾道ミサイルの発射訓練を実施した。

北朝鮮がミサイルを発射。首相官邸に入る、河野太郎外相=15日午前、首相官邸(松本健吾撮影)

北朝鮮がミサイルを発射。首相官邸に入る、河野太郎外相=15日午前、首相官邸(松本健吾撮影)

 北朝鮮は今月3日に6回目の核実験を強行。これに対し国連安全保障理事会は11日、新たな制裁を決議したばかりだった。北朝鮮は制裁決議に猛反発し、弾道ミサイルなどによる新たな挑発が警戒されていた。

 ■こんな記事も… 安倍晋三首相ぶらさがり全文 「この道をさらに進めば明るい未来はないことを北朝鮮に理解させなければ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ