マレーシアのイスラム教宗教学校で出火、25人死亡

 【シンガポール支局】マレーシアの首都クアラルンプール郊外のイスラム教の宗教学校で14日午前、火災が発生し、少なくとも25人が死亡した。国営ベルナマ通信などが伝えた。

 学校では寄宿生がイスラム教の聖典コーランを学んでいた。現地当局が出火原因を調べている。

 出火したのは現地時間14日午前5時15分(日本時間同午前6時15分)ごろで、3階建ての校舎が燃えた。死亡が確認されたのは生徒23人と管理人2人で、他にも複数のけが人がいるという。火元は最上階の部屋とみられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ