キューバでナゾの「音響兵器」が米外交官を襲った 脳損傷、聴覚障害、吐き気… 誰が何のために?

 キューバの首都ハバナの米大使館などで、聴覚障害や吐き気、頭痛を訴える外交官が相次いでいる。調査した米政府は「高度な音響装置」による攻撃だと結論付けたものの、装置がどのようなものかが分かっておらず、犯人像や目的についても明らかになっていない。米メディアが「謎の事件」、「謎の兵器」などと報じる事案は、謎が謎を呼ぶ展開となっている。(外信部 住井亨介)

 ■深刻な症状が次々

 米CNNテレビ(8月20日、電子版)によると、謎の攻撃が始まったのは昨年11月中旬。10人以上の米外交官と、その家族が治療を受け、そのうち外交官2人は難聴など長期治療が必要な症状だった。今年6月には、カナダ外交官5人とその家族も同様の症状を訴えた。

 米CBSテレビ(8月23日、電子版)は、被害を受けた外交官らの診療記録を入手したとして、症状を詳報。難聴、吐き気、頭痛、平衡障害が訴えられており、軽度の脳損傷や中枢神経の損傷が見られると伝えた。診断した医師の一人は、将来にわたって健康上のリスクが現われる危険性があると指摘したという。

 CNN(9月2日、電子版)によると、謎の攻撃による被害の訴えは8月にもあり、被害を受けた米外交官は計19人に上っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ