トランプ米大統領、ハリケーン対応で閣議 「イルマ」フロリダ到達を前に警戒

 トランプ米大統領は9日、首都ワシントン近郊の大統領山荘キャンプデービッドで閣議を開き、南部フロリダ州に向かっている大型ハリケーン「イルマ」への対応を協議した。ホワイトハウスが発表した。

 米ハリケーンセンターによると、9日夕時点でイルマの勢力は5段階で上から3番目の「カテゴリー3」。10日朝にフロリダ半島南端沖のフロリダキーズ諸島に到達し、北上を続けると予測されている。

 当局は住民約630万人に避難を呼び掛け、厳重警戒態勢に入っている。CNNテレビによると、イルマが通過した米領バージン諸島や米自治領プエルトリコなどカリブ海の島々で少なくとも24人が死亡した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ