台北で反日デモ、慰安婦問題で謝罪要求 市内の神社跡でこま犬紛失も

 「終戦の日」の15日、台北市の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所前で、中国との統一を主張する反日政治団体「中華統一促進党」の約150人が抗議活動を行い、慰安婦問題での日本政府の謝罪を要求した。団体の代表者(69)は記者団に、東南アジア諸国の華人と連携して、各地の日本大使館前に慰安婦像を建てる計画があると主張した。

 一方、台北市内の日本統治時代の神社跡で同日、こま犬が盗まれているのが分かった。神社跡は市の史跡で、柱に反日的な文言が書かれていた。

(台北 田中靖人)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ