中国四川省地震ルポ メディア徹底締め出し 世界遺産ダメージ 「観光依存」地元戸惑い…

 8日夜に地震が起きた中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州九寨溝(きゅうさいこう)県周辺では、地元当局がメディアを徹底排除していた。世界自然遺産に登録されたエリアの景観が深刻なダメージを受け、今後の地元経済に甚大な影響を及ぼしかねないためとみられる。(九寨溝 西見由章)

 「ここから先は通行証がないと通れない。引き返せ」。地震発生5日目の12日、九寨溝県政府がある市街地から被害が大きい風景名勝区に向かう幹線道路のトンネルの前で、警察による検問が行われていた。

 風景区から40キロ近く離れた市街地では、倒壊などの被害を受けた建物はほとんどみられない。「2008年の地震(四川大地震)以降、建築基準が厳しくなったため被害の拡大が抑えられた」(地元の住民男性)との指摘もある。県政府の建物などが集まる官公庁通り付近では、避難者用のテントなどが点在していた。観光シーズンを迎えて本来にぎわいを見せているはずの町は人通りも少なく、静まり返っていた。

 風景区の内部を取材した地元記者によると、道路がいたるところで寸断され、安全を理由に11日から取材できなくなった。地震による決壊で湖の水が流出した「火花海」のほか、九寨溝で2番目に大きな滝「諾日朗瀑布」も崩壊し、水が流れなくなった。風景区でも最も美しい湖の一つとされる「五火海」の美しい透き通った湖水も泥で濁っていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ