元慰安婦死去で文在寅氏「16歳で拉致され、ひどい苦難を経験」

 韓国の元慰安婦の女性らが共同生活するソウル郊外の施設「ナヌムの家」によると、同施設で生活していた元慰安婦の金君子さんが23日、老衰のため亡くなった。韓国メディアによると91歳。

 金さんは2015年末の慰安婦問題での日韓合意について、被害者の声を聞き入れておらず受け入れられないと批判していた。金さんの死亡で、韓国政府が元慰安婦と認めている存命の女性は37人になった。

 文在寅大統領は23日、自身のフェイスブックに「(金さんは)16歳で拉致され、慰安婦として中国に連行され、ひどい苦難を経験した」と書き込み、遺体が安置された病院に弔花を送った。

 ナヌムの家によれば、金さんは今の中国吉林省琿春の慰安所に連れて行かれた。1998年からナヌムの家で暮らし、07年には米国議会で証言した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ