「米兵が初めて先導」トランプ氏満悦? フランス革命記念日の軍事パレードに米軍参加

 フランス革命記念日の14日、パリのシャンゼリゼ通りで恒例の軍事パレードが行われ、訪仏中のトランプ米大統領がマクロン仏大統領とともに参観した。

 マクロン氏が第一次世界大戦での米国参戦から100年を記念し、トランプ氏を招待。パレードには米兵約150人も加わった。

 「米兵が初めてフランス革命記念日パレードを先導した」。米軍情報紙スターズ・アンド・ストライプス(電子版)はそう紹介。パレードに参加したのが、第一次世界大戦参戦に際して編成された第1歩兵師団(カンザス州)からの米兵の一団であると伝えた。

 このほかにも、欧州に駐屯する米陸海空軍に海兵隊も参加。2機のF22戦闘機と、米アクロバット飛行チーム「サンダーバーズ」の6機のF16戦闘機がパリ上空を飛行した。

 前日13日に首脳会談をしたトランプ、マクロン両氏は、14日のパレードも夫人をともなって参加した。

 現職の米大統領のパレード出席は、フランス革命200年を記念した1989年のブッシュ(父)元大統領以来という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧