北ミサイル 「不誠実な暴挙繰り返す」「局面打開へ切り口を」 拉致被害者家族ら怒り

 核や弾道ミサイルの開発に対して国際社会の圧力と批判が強まる中、北朝鮮が4日朝、ミサイル発射を再び強行し、日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。拉致被害者家族や関係者からは、怒りの声が相次いで上がった。

 「拉致問題解決への展望は見えないのに、緊張を高める暴挙ばかりが繰り返されている」。横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=の母、早紀江さん(81)は、強い懸念とともに憤りを示した。

 早紀江さんは「日本政府は厳しい批判を幾度も言明したのに北朝鮮は応じる気配がない。拉致を全面解決し、破滅的事態を避けるためにも、局面を切り開く明確な手立てを探さなければならない」と強調した。

 田口八重子さん(61)=同(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(79)は「北朝鮮がどれほどミサイルを発射しようと、もはや一喜一憂することはない」と突き放した上で、「拉致問題を他の問題から切り離し、最優先に解決するのが大前提。日本政府は常に優先度の高い問題だとしてきた。しっかり前面に押し出し、取り組んでほしい」と強調した。

 増元るみ子さん(63)=同(24)=の弟、照明さん(61)は「厳重な抗議をまったく聞き入れず不誠実な暴挙を繰り返す。日本政府は次の段階の対応を考えるべきだ」と怒りをにじませ「北朝鮮への制裁強化はもちろん、朝鮮総連に解体を迫るなどより厳しい圧力を具体的に示す時期だ」と訴えた。

 拉致問題解決に取り組む救う会の西岡力会長は「北朝鮮は米国の『レッドライン』だけは踏まないよう警戒している。破局を招くリスクのある核実験実施は慎重に見極め、並行して弾道ミサイル発射という示威を重ねている」と分析した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧