ロシア、有志連合の飛行体は「標的」 シリアめぐり米軍を牽制 

 【モスクワ=黒川信雄】ロシア国防省は19日、シリアで米軍機がアサド政権軍機を撃墜したことに関連して、シリア上空でロシア軍が軍事作戦を展開する空域の「あらゆる飛行体」が今後、ロシア軍の対空兵器により「標的」として監視されると発表した。イタル・タス通信が伝えた。露国防省は、「飛行体」には米軍主導の有志連合が使用する「飛行機、無人機」を含むと強調し、米側を強く牽制(けんせい)した。

 対象となる空域は、ユーフラテス川より西側の地域の上空だとしている。

 アサド政権軍を支援するロシアは、今回の撃墜をめぐり米側への態度を硬化させている。露国防省はまた、米側と交わしたシリア上空での偶発的衝突を避けるための覚書の履行を19日から「停止する」とも発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧