トランプ米大統領、長女イバンカさんをべた褒め 雇用対策で「懸命の働き。娘に感謝」

 トランプ米大統領は15日、職業訓練制度の拡充を指示する大統領令の署名式で「娘に感謝したい。この件で彼女は懸命に働いた」と述べ、大統領補佐官の長女イバンカさんをべた褒めした。ホワイトハウスでの署名式にはイバンカさんも出席した。

 トランプ氏は政権の重要政策である雇用対策の担当に国民から人気があるイバンカさんを起用。13日にはイバンカさんやアコスタ労働長官らと中西部ウィスコンシン州を訪問し、職業訓練充実に向けた取り組みをアピールした。

 トランプ氏は71歳の誕生日の14日に労働省を訪れて、雇用対策の強化を訴える予定だったが、共和党のスカリス下院議員が銃撃されたため、キャンセルした。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ