トランプ政権 NSA機密文書が漏洩 米大統領選への露介入で

 【ワシントン=黒瀬悦成】米司法省は5日、機密情報をメディアに漏洩したとして、政府機関契約業者の女性社員(25)を訴追したと発表した。米主要メディアは、漏洩した情報は、ロシア情報機関による米大統領選への介入に関する国家安全保障局(NSA)の最重要機密文書だったと報じている。

 司法省によると、この社員は5月9日、問題の情報を複写してメディアに送り、6月3日に連邦捜査局(FBI)に逮捕された。

 機密情報はニュースサイト「インターセプト」が報道。露軍参謀本部情報総局(GRU)が米国の投票システムのソフトや機器を扱う業者にサイバー攻撃を実行し、大統領選投票の直前には選管関係者100人以上にフィッシング(情報詐取)メールを送った。ただ、一連の攻撃が選挙結果に影響を与えたかどうかについて、NSAは結論を出していないとしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ