トランプ米大統領、ロンドン市長を繰り返し批判 テロ事件の発言を意図的に曲解か

 【ワシントン=加納宏幸、ロンドン=岡部伸】ロンドン中心部で起きたテロ事件を受け、ロンドンのサディク・カーン市長の発言をトランプ米大統領が繰り返し批判している。カーン氏が市民に平静を呼びかけた発言で「意図的に一部を抜き出した」(同氏の報道官)かたちだ。

 トランプ氏は4日、ツイッターに「少なくとも7人が死亡し、48人が負傷しているのに、ロンドン市長は『怖がる必要はない』と言った」と書き込んだ。カーン氏は警察の配備強化について「怖がる必要はない」と述べていたが、トランプ氏の投稿は「テロを怖がる必要はない」と主張したと受け止められかねない内容となった。

 米メディアがこの点を指摘すると、トランプ氏は5日、「市長が痛々しい言い訳をしている」と再びツイッターで批判した。

 一方、メイ英首相は5日、「市長は良い働きをしている」とした上で、「これ以外のことを言うのは不当だ」と述べてカーン氏を擁護した。

 カーン氏はイスラム教徒で、トランプ氏が昨年の大統領選でテロ対策のため主張した「イスラム教徒の入国禁止」を批判してきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ