トランプ政権は「残酷」クリントン氏が痛烈批判

 昨年の米大統領選で敗れたヒラリー・クリントン元国務長官は26日、トランプ政権が議会に提出した予算教書で低所得者向けの医療保障削減などを打ち出したことについて「最も弱い人々を、考えられない残酷さで攻撃している」と強く批判した。

 東部マサチューセッツ州にある母校ウェルズリー大の学位授与式に出席し、スピーチの中で述べた。クリントン氏は最近、公の場で政治的発言をする機会が少しずつ増えている。

 クリントン氏は、ウォーターゲート事件で辞任に追い込まれたニクソン元大統領を引き合いに「司法妨害による弾劾」に言及。ロシアによる大統領選干渉疑惑を追及されているトランプ大統領のことを示唆したと受け止めた聴衆から、大きな歓声が湧いた。(共同) 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ