「慰安婦」日韓合意 「新外相が良案出す」と韓国高官

 韓国の文在寅大統領が国家安保室第2次長に任命した金基正・延世大教授は24日、文氏が見直しを掲げる慰安婦問題での日韓合意について、外相候補に指名されている康京和・国連事務総長特別顧問を念頭に「人権専門の新外相が(就任すれば)良い案を出せると思う」と記者団に述べた。聯合ニュースが伝えた。

 康氏は国連を舞台に人権や女性の地位の問題に取り組んできた。聯合は24日、康氏が外相になれば「戦争犯罪や人権侵害といった、慰安婦問題の本質に関する国際的な視点から対日外交にアプローチするかが注目される」と伝えた。

 日本政府は日韓合意の見直しには応じず、履行を求める立場。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ