政府軍とIS勢力と交戦 比南部に戒厳令

 【モスクワ=遠藤良介、ネピドー=吉村英輝】フィリピンのドゥテルテ大統領は23日夜、南部ミンダナオ島全土に戒厳令を発動した。同島マラウイで同日、政府軍とイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う武装勢力の交戦が拡大したため、治安当局に強力な権限を与え押さえ込みを図る。

 ドゥテルテ氏は、訪問先のロシアで戒厳令発動を発表。26日までだった訪露日程を切り上げて帰国するため、25日に予定していたプーチン露大統領との会談も23日深夜に前倒しして実施し、武装勢力との戦闘に向けロシア製武器の調達に前向きな姿勢も示した。

 プーチン氏は、両国間には軍事技術分野など「多くの有望な(協力の)方向性がある」と述べた。比側は偵察機器や各種の小型兵器、ヘリコプターなどをロシアから調達することに意欲を見せている。

 戒厳令の有効期間は60日。令状なしの逮捕などが可能になる。ドゥテルテ氏はモスクワ出発前の24日、「戒厳令は(長期独裁政権を敷いた)マルコス元大統領が行ったものと違わない」と強権を発動する意向を示すとともに、戒厳令が1年続く可能性も示唆した。夜間外出禁止令などの追加発動も検討されている。

 交戦が拡大したマラウイは、人口約20万人でイスラム教徒が多数派。ロレンザーナ国防相によると、テログループの指導者を捜索していたところ、23日にISに忠誠を誓うイスラム過激派「マウテ」と銃撃戦になった。軍と警察に3人の死者が出たという。

 マウテは、マラウイの市役所や病院、主要な道路を占拠。教会や学校に放火し、広範囲で停電になっている。市内には100人以上の過激派がいて狙撃手が展開しており、当局は市民に外出を控えるよう呼びかけている。フィリピン軍は現地に兵士を増派した。

 フィリピンでは1972年、当時のマルコス長期独裁政権が、治安悪化を理由に戒厳令を出し、民主化を弾圧した。人権活動家などが、ドゥテルテ政権の対応を批判する可能性がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ