中国で邦人男性6人拘束、スパイ行為を疑われた可能性、3月に山東・海南両省で

 【上海=河崎真澄】中国で今年3月、日本人の男性6人が山東省と海南省でそれぞれ3人ずつ、計6人が当局に拘束されていたことが22日、日本政府関係者の話で分かった。中国当局から日本側に3月、身柄拘束の通知があったという。

 詳細な容疑などは不明だが、「国家安全危害容疑」が浮上。年齢は20~50代とみられる。青島港のある山東省や南シナ海を管轄する海南省は軍事拠点が多く、スパイ行為を疑われた懸念がある。拘束はなお続いており、在青島(山東省)、広州(広東省)の日本総領事館が対応を進めている。

 中国では2015年から相次ぎ、日本人の男女計5人が「スパイ行為に関与した」として、やはり国家安全危害容疑などで相次いで拘束されている。いずれも具体的にどのような行為が罪に問われたか、詳細は不明。うち4人の公判が始まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ