国連総長とトランプ氏会談 就任後初「建設的な議論できた」

 国連のグテレス事務総長は21日、米首都ワシントンのホワイトハウスを訪れ、就任後初めてトランプ大統領と会談した。国連のドゥジャリク事務総長報道官は「米国と国連の協力について興味深く建設的な議論ができた」と述べた。

 グテレス氏とトランプ氏は近く再び会談することで合意した。トランプ政権は国連への資金拠出を削減する方針を示しているが、報道官は会談で議題に上ったかどうかを明らかにしなかった。

 グテレス氏はマクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)とも会談した。別所浩郎国連大使ら安全保障理事会理事国の各国大使も24日にワシントンを訪問し、トランプ氏と会談する予定。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ