「慰安婦」日韓合意 長嶺駐韓大使が韓国外務第1次官と会談 慰安婦像も話し合う

 【ソウル=名村隆寛】長嶺安政駐韓大使は10日、韓国外務省で林聖男(イム・ソンナム)第1次官と会談した。4日のソウル帰任後、長嶺氏が韓国外務省高官と会談したのは初めて。

 会談後、長嶺氏は記者団に対し「シリア情勢、北朝鮮問題が足元の大きな課題となっているが、日韓がきっちり連携を取って協力していく必要がある」と述べた。また、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の締結で日韓間の情報交流が進展し日米韓の協力が進んでいるとの見方を示した上で、「こうしたことを土台に日韓関係をさらに前に進めていこうということで話をした」と語った。

 長嶺氏は記者団に対し慰安婦像や慰安婦問題について言及しなかったが、外交筋によれば、会談ではソウルの日本大使館と釜山の日本総領事館前に違法設置されている慰安婦像について話し合ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ